理学療法士さんの講習会で講師をさせて頂きました。

あべのながや六のリノベーション設計と運営はすまい研究室一級建築士事務所が行なっています。

実践理学療法勉強会が主催する、理学療法士の方々が参加する勉強会があり、講師として建築の話をさせて頂きました。

日曜日の週末カレーとカフェを貸し切って、午前中から六のランチを挟んで昼下がりまで、定員ほぼいっぱいの熱気ある勉強会でした。

入院患者さんが自宅に戻ることを目指したケアについて多方面から考えるという内容で、私が住環境についてお話しいたしました。

私の話したテーマは3つ。バリアフリー、温熱環境、建築設計です。

改修工事によって、どんなことができるのかという具体的な話をバリアフリー、温熱環境という2点にまとめて話をしました。


最後の一つは建築設計です。

思い切って広いテーマにしました。

建築を学ぶ際の最初の講義のようなイメージかもしれません。


こんなレジュメの中から気になるセンテンスを選んでもらって、それについて話をするという形式にしました。

自分の話のあとは、理学療法士さんの講義も聞かせていただきました。

今まではっきりとは知らなかった理学療法士の方々の様々な取り組みに、設計者として考えていることとの共通点も感じられ、とても興味深く聞かせていただきました。

違う分野の話を聞くと何かしら自分の仕事に活かすことがありますね。

機会を見つけてまた話をしたいと思っています。

大阪市阿倍野区昭和町のレンタルスペースと週末カレー&カフェ|あべのながや六

大阪市阿倍野区昭和町にある、戦前から残る長屋をリノベーションしたのがあべのながや 六です。 月〜木曜と祝日は レンタルスペース、金土日は 週末カレー店とカフェとして営業しています。