出張カレー講師をしてきました。

2018年7月12日(木)

まなぶとオフィスーママの学び場と小さな仕事場ー主催「夏に食べたい!スパイス香るカレー教室」に、カレーの講師として招待していただきました。

その時の講師紹介プロフィールがこちらです↓


カレー講師丹羽洋文

あべのながや六店主

平日は芦屋の建築家、週末は阿倍野のカレーカフェ店主という謎のダブルワーカー。

自身が生まれ育った阿倍野の長屋を、自ら設計して、リノベーション。その空間を多くの人に共有したいとの想いからカレーとカフェの店にしている。

1男2女の父。末っ子が大きくなるのがさみしく、時よ止まれと念じている今日この頃。



芦屋市の給食カレーに挑戦ということで、ルーからみんなで手作りします。

2つの鍋で作ることになったので、スパイスの種類を違えた2種類のカレーを作って食べ比べてみることにしました。

ひとつは手に入れやすい3種類のパウダースパイスを使って、もう一つはあらかじめ数十種のホールスパイスを炒ってから挽いて混ぜ合わせたものを使います。どちらも子供でも食べられるよう、辛いスパイスは入れず大人の方は後から足してもらうようにしました。

結果はどちらもおいしかった。

3種のスパイスの方はスパイスが主張するエッジの効いた味わい。数十種ブレンドのほうは複雑だけど調和のとれた味わい。子供には数十種ブレンドの方が食べやすいかもしれないと思いました。

イベントの前に、"カレーTシャツ"を着て、六にカレーを食べに来てくれた、かなりのカレー好きの方も参加されていました。六の週末カレーカフェには自分でもこだわってカレーを作ってるというお客さんもいらっしゃいます。そんな近所のカレー好きたちとマイカレーを作り合うイベントというのも面白いかもしれない。

カレー粉を作るワークショップをしてほしいという声もありました。

今度は六でもカレーのイベントを考えたいと思います。お楽しみに!!


大阪市阿倍野区昭和町のレンタルスペースと週末カレー&カフェ|あべのながや六

大阪市阿倍野区昭和町にある、戦前から残る長屋をリノベーションしたのがあべのながや 六です。 月〜木曜と祝日は レンタルスペース、金土日は 週末カレー店とカフェとして営業しています。